忍者ブログ
二次創作およびオリジナル小説(幕末~太平洋戦争と、ロマンス)や、歴史に関することなどのブログ
〓 Admin 〓
<< 08   2018 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     10 >>
[21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

師走にはいると、木枯らしが急に強くなった。それに促されるように、街を行く人々も慌ただしさが増した。毎年の事ながら、新年を迎える準備が始まっている。子供達は楽しげに、大人達は年越しのやりくりを思案しながら往来を行き交った。その日も、冬晴れの大気はしんしんと冷えていた。薄明の中、家々にぽつぽつと灯りがともり、眠っていた街が目覚め始めていた。人々は、いつもの通りNHKのラジオ放送を時計代わりにしながら、朝の支度にいそしんだ。





午前7時、突如、ラジオから臨時放送のチャイムが流れた。はっとした人々の耳にアナウンサーの第一声が飛び込んできた。



「臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍部午前六時発表。帝國陸海軍部隊は、本八日未明、西太平洋に置いて、米、英軍と戦闘状態に入れり・・」



真珠湾奇襲攻撃を告げる放送であった。

ついに来たのか・・・不安と期待におののきながら、戦況報告を待っていた国民に対し、「撃沈7隻、損傷10隻、陸海軍機231破壊」という戦果が発表された。思いもかけぬ、一方的な大勝利であった。

国民の戦勝気分はいやが上にも高まることになる。

国中が浮かれる中、2つの失策が伏せられた。1つは、攻撃の第一目標であった米空母艦隊の殆どは、太平洋上にあり、無傷のまま残されたこと。第2は、外交官のミスにより、アメリカに宣戦布告を行わないままの奇襲攻撃になったことであった。この第2のミスこそ、この大戦の戦況を決定する致命的な失策であった。



宣戦布告無しの奇襲攻撃に、「だまし討ち」であると認識したアメリカの世論は一気に開戦へと梶を切る。アメリカ人はunfairであることを最も嫌う。第34代大統領F.ルーズベルトはその日、こう演説した。

「・・昨日は屈辱の日として長く記憶されるべきでしょう。合衆国は、日本帝国により突如、計画的に襲撃されたのであります・・」



Remember Pearl Harbor!



このスローガンのもと、アメリカは一致団結した。GNP第1位の強国アメリカが、民主主義の誇りをかけて参戦したのである。ここに、アメリカの戦意を喪失させ、早期の和平交渉に導くという聯合艦隊司令長官山本五十六のもくろみは完全にはずれる事となる。

アメリカの国力と科学技術の粋を結集して、壊滅させられた太平洋艦隊の補充が急ピッチで行われた。



快調な進撃を続けていた聯合艦隊だったが、翌年のミッドウェー海戦において空母4隻を撃沈され、ここに多くの優秀な操縦士を失った。この海戦を機に、戦局は大きくアメリカに有利に傾くようになる。

しかし、国民は誰も、その事実を知らない・・・

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/27 涼]
[08/27 えいと]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
歴史好きの管理人の小説と日記
太平洋戦争関係の二次創作&オリジナル小説を書いています。
また、中世~近現代のロマンス小説も書きます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright(c) 遥かなる空 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]