忍者ブログ
二次創作およびオリジナル小説(幕末~太平洋戦争と、ロマンス)や、歴史に関することなどのブログ
〓 Admin 〓
<< 08   2018 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     10 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少年が、まだ小学生だった頃のことだ。幼なじみのゴロー、ケンタ、サブといつも彼は一緒だった。

その年の4月、珍しく、新しい先生が彼らの村にやってきた。若い男の先生だった。彼らはすぐにその青年と仲良くなった。

坊ちゃん先生、子供達は親しみを込めて新しい先生をそう呼んだ。

 


1学期はすぐに過ぎ、待ちに待った夏休みが始まろうとしていた。

「これから、通信簿と夏休みの友を渡すからな。」

坊ちゃん先生の張りのある若い声が響いた。先生は、村の青年達と比較しても背が高く、面長で彫りの深い顔立ちをしていた。映画俳優みたいだ。と、子供達の間ではもっぱらの評判であった。

「通信簿さえなければなぁ。また、母ちゃんに怒られる。」ガキ大将のゴローがぼやいた。

「ゴローでもお母さんが怖いんだな。」少年は小声でからかった。

「ウチの母ちゃん、世界中で一番怖いさ。父ちゃんだって怖がってるもんなぁ。」

「ウチは父さんの方がうるさいんだ。」と、ケンタ。優等生のケンタは級長を務めている。

「どうしてだよ?いつも一番のくせに。そうか。ケンタんちはお役人だもんなぁ。」やせっぽちのサブが話に加わる。

「おまえはどうなんだよ?」ゴローが尋ねた。

「じっちゃん、文句言うけど、忙しいからなぁ・・」少年が答えた。

「いいよな。俺も一平おじいちゃんのとこの子になりたいよ。」

「お前ら!」坊ちゃん先生が雷を落とした。「注意力散漫。バカモン!」

子供たちは、出席簿で頭をはたかれた。

「いって~~」

「そんなんだから、成績が今ひとつなんだ。」

 

成績は今ひとつでも、夏休みの楽しさは変わらない。子供達は歓声を上げて教室を飛び出した。

「先生、夏休みも遊びに来ていい?」「宿直室で、トランプやろうよ。」彼ら4人組は坊ちゃん先生に声をかけた。

「いいとも、でもその前に、宿題をちゃんとやってくるんだぞ。」

「は~い。」

子供達は真夏の太陽の下、家路へ急いだ。

 

夏休みになっても、村の生活が変わるわけではなかった。漁村の朝は早く、子供達もいつものように早起きして父親や兄の仕事を手伝った。その後は、学校へ行く代わりに、1日中遊んで過ごす。夕方、再び家の手伝いをすますと、大人も子供も早々と床につくのであった。

 

みんなが、今夢中になっているのは、秘密基地作りであった。裏山に小さな洞があるのを仲間のサブが見つけた。そこを、彼らは、『ゼロ戦爆風隊補給基地』と名付けていた。

「サブ、お前を斥候に“にんめい”する。」ゴローが命令する。「しっかり見張ってくるんだぞ。」

「はっ、隊長殿。」敬礼してサブは洞窟から出ると、木に登った。

「ゴロー、何でケンタ、来ないのかな?」少年が尋ねた。

「隊長殿と呼べ。」すっかり隊長になりきったゴローが威張っていった。

「わかりました。なんで、ケンタは来ないのでありますか?隊長殿。」

「父ちゃんに怒られたんだってよ。爆風隊ごっこするなって。」

「あいつ優等生だからなぁ。もともと、あんまり乗り気じゃなかったし。」少年はため息をついた。「3人だけじゃつまんないなあ」
「坊ちゃん先生の所にでも行くかぁ。ケンタもいるかも。」ゴローは立ち上がった。「お~い、斥候、補給基地より撤収!」
少年も叫んだ。
「学校に行くってさ。」

 

木造平屋建ての校舎が、見えてきた。明治に建てられたという校舎は和洋折衷ではあったが瀟洒なたたずまいを残していた。校庭には古いサクラやイチョウの木が濃い緑の葉を茂らせ、涼しい木陰を作っている。校舎と平行して、一間の、これも木造の小屋が建っていた。宿直室と子供達は呼んでいたが、ここに、坊ちゃん先生は寝起きしていたのだった。

「先生~。」ゴローが声をかけると、宿直室の窓から、ケンタと坊ちゃん先生が顔をのぞかせた。

「やっぱり、抜け駆けしてるじゃないか。ずるいぞ。」少年は口をとがらせた。

「ごめんよ、みんな、勉強を教えてもらってたんだ。」

「きたねぇぞ。ケンタ。自分だけいい成績とる気なんだろ。」ゴローが続けた。

「ち、ちがうよ。」

「そんなこと言うんなら、お前たちも、宿題を持ってこい。俺が見てやる。」坊ちゃん先生が大まじめに言った。

「ええ~。そんなあ。」「ゴロー、お前が余計なこというからだぞ。」「やぶへびだ~。」

 

4人組はその日の午後、夏休みだというのに学校で勉強をさせられた。

しかし、その事は思いの外、素晴らしいことをもたらした。苦手だった算数や、読書感想文が終わってしまうと、日記の他は図工と自由研究しか残っていないことに気がついた。

「やった。」少年は歓声を上げた。

「これで、毎日遊んでいられるぞ。」ゴローも嬉しそうだ。

「お前達、まだ肝心な宿題が残ってるじゃないか。」坊ちゃん先生が困ったように言った。

「大丈夫。僕たち、自由研究や図工は何をやるか、もう、ずっと前に決めてるんです。」ケンタが説明した。

「決めてるって?」先生は不審そうだ。

「なっ。」「うん。」4人は目配せすると、にっこりと笑った。

「当ててみてよ。先生。」少年が促した。

「そうだなぁ。自由研究は・・・昆虫採集だろう。」

「あったり~。」サブがおどけた。「図工は?」

青年は、考え込んだ。その様子に子供達はワクワクしている。しばらく思案した後、青年は口を開いた。微かに顔を曇らせながら。

「お前達、ゼロ戦や大和を造る気じゃないだろうな。」

「ええっ、いけないの。」サブが思わず叫んだ。

サブの向こうずねをゴローが思い切り蹴飛ばした。「バカッ、余計なことまで。」

「どうしていけないのさ。あんなにカッコいいのに。」少年はびっくりした。

「先生も、ゼロ戦、きらいなの?」サブは悲しそうな顔をした。

「嫌いっていうのじゃないんだ。ただ、戦争に使われるものだろう。だから、あんまり、そうだ。ゼロ戦の代わりにYS11や新幹線を造ったら?富士や宗谷はどうだい?」

坊ちゃん先生は慌てて、子供達を慰めた。

 

帰り道、ゴローがつぶやいた。

「坊ちゃん先生も、ゼロ戦が嫌いなのかな?」

「なんか別のもの考えなきゃだめかぁ。」少年はがっかりした。「富士や宗谷より、断然、大和の方がカッコいいのになぁ。」

「とにかく、別のもの考えようよ。」

そう言ったサブが一番がっかりしているな、と、彼は思っている。

 

ツクツクボウシが鳴き始め、夏休みも半ばに近づいたある日、四人は、坊ちゃん先生の所に遊びに行った。窓からのぞくと、青年が荷造りしている。

「何やってるの?」

「丁度良かった。これをガラス戸に貼り付けてくれ。」

彼は、『二四日まで留守にします』と書かれた半紙を手渡した。

「どこへ行くんですか?」ケンタが尋ねた。

「墓参に行くんだよ。」

「ぼさんって?」ゴローは不思議そうだ。

「お墓参りのことだよ。」

「もうすぐ、お盆だもんなぁ。」彼は頷いた。「故郷のお寺なの?」

「いや。」青年は首を振った。「ビルマへ行くんだ。」

「ビルマ?それどこにあるの?」サブが尋ねた。

「一学期に勉強したばかりだろう。もう忘れちゃったのかい?」先生は笑うと、教室に貼られた世界地図を指さした。

「誰のお墓なの?」サブがまた、聞いた。

「親父さ。俺がまだ母さんのお腹にいるとき、親父はビルマで死んだ。」先生はぽつりと言った。

 

「ごめんよ。先生、余計なこと聞いて・・」四人の目から涙がこぼれそうだった。

「バカだなぁ・・気にしてなんかいないよ。」青年は子供達の頭を撫でた。

「俺もおじいさんに育てられたんだ。おまえと同じさ。」そう、少年に言うと、坊ちゃん先生はにっこりと笑った。

 

少年は、その日、一平老人の舟に乗っていた。漁師仲間の五助が櫓を漕いでいる。真夏の太陽が波に反射して、キラキラと眩しく輝いた。

「お前、ここんとこ学校に行かんようだが」五助が口を開いた。「先生に叱られたのか?」

「違うよ、五助おじさん。先生は墓参に行ったんだ。今、留守だよ。」

「墓参か、しゃれた言葉ぁ、思えたのぉ。先生に教わったのか?」一平はキセルをふかしている。

「うん、お父さんのお墓参りに行くって言ってたよ。ビルマに。」

その言葉に二人の顔に影が差したのを、少年は気づかなかった。彼はさらに続けた。

「お母さんのお腹の中に先生がいるときに亡くなったんだって。先生のお父さん。」

「インパール・・」五助がつぶやいた。一平はじっと海を見つめいている。冷たく硬い空気が二人を取り巻いていった。

「インパールって何?五助おじさん。」

少年の問に答えはない。五助と一平は、押し黙って遠くを見つめている。

「じっちゃん。」

老人の背中が、何も聞くなと言っていた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/27 涼]
[08/27 えいと]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
歴史好きの管理人の小説と日記
太平洋戦争関係の二次創作&オリジナル小説を書いています。
また、中世~近現代のロマンス小説も書きます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright(c) 遥かなる空 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]