忍者ブログ
二次創作およびオリジナル小説(幕末~太平洋戦争と、ロマンス)や、歴史に関することなどのブログ
〓 Admin 〓
<< 01   2018 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28     03 >>
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [10]  [12]  [14]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

  リーフェンシュタール公国は、三方を山に囲まれた扇状地に発達した国である。領土は狭いながら、温暖な気候と肥沃な土地に恵まれていた。リーフェンシュタール公国の特産物というと葡萄酒があげられるであろう。キプロス産のものにも劣らないという名声は遠くローマまで伝わっていた。公国の南の国境はゴートベルグ公国である。この地方随一の強国であり、また、海洋貿易の拠点を抑えるゴートベルグとの関係は、微妙なものであったが、代々の領主の外交手腕により、ここ百年ほどは友好的に推移しつつあった。

 しかし、ここに来て情勢は一変しつつある。

 ゴートベルグ公国恒例のお家騒動に端を発した内紛は、思いもかけない事態となった。もともと、大国であったゴートベルグ公国には、大貴族達の争いが絶えず-それが、リーフェンシュタール公国には幸いとなっていたのだが-傭兵隊長達の稼ぎ場と化していた。その中の、ヘルマンという若者が、ときのゴートベルグ公の娘婿におさまった。公の急死-これもヘルマンによる毒殺との風評が高い-により、ゴートベルグ公となったヘルマンは、時を移さず大貴族達を全て粛正、領土のほとんどを公の直轄地としたのであった。「ヘルマン残虐公」、あるいは「血のヘルマン」と異名をとる、ヘルマン一世の誕生であった。今から、十八年前のことである。


 反発する近隣諸国との戦闘でも、ヘルマン一世の軍事的才能は遺憾なく発揮された。やがて、彼の軍隊は「郡狼騎士団」と呼ばれるようになる。黒の鎧に身を包み、黒い馬に乗る彼の姿はまさに「死神」であった。そのヘルマン一世が、ここリーフェンシュタール公国に狙いをつけてきたのであった。

 
リーフェンシュタール公夫妻は十年ほど前に他界し、実権は公の弟である摂政ヴィルヘルム伯が握っていた。彼はヘルマンの要求を受け入れ、貢ぎ物を送ることで、その野望をかわそうとした。しかし、このヴィルヘルム伯の外交に憤った若い貴族達は、ゴートベルグ領に攻め込んだのである。その中心が騎士ローランドであった。


 リーフェンシュタール軍侵入。

ヘルマン一世にとって、これは想定されたことであった。彼は、「郡狼騎士団」を用い、ローランド率いる若いリーフェンシュタールの騎士達を撃破、勢いを駆ってリーフェンシュタール公国の南半分を制圧したのである。リーフェンシュタール城が落ちるのは時間の問題であった。しかし、ヘルマン一世はヴィルヘルム伯に休戦を申し入れた。

条件付きで、リーフェンシュタール公国との和平条約を結ぼうというのである。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
[08/27 涼]
[08/27 えいと]
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
歴史好きの管理人の小説と日記
太平洋戦争関係の二次創作&オリジナル小説を書いています。
また、中世~近現代のロマンス小説も書きます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright(c) 遥かなる空 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by flower&clover *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]